Welcome!

光が反射するならレフ板を活用

2月 23rd, 2015

撮影する商品は、写真撮影に適した物ばかりとは限らず、なかなか綺麗に撮影するのに苦戦してしまうアイテムもあるでしょう。

例えば、ビニールや、液晶画面や、鏡などの光を反射させてしまうような商品は、上手く撮影できずに頭を抱えてしまう物の1つです。
例えば部屋で撮影をする時に、照明をつけていたら反射する部分が光ってはっきりと商品が見えなくなる事も多いです。
他にも窓から入って来る光が入ってしまったり、撮影者の姿や、背景が写り込んでしまうケースもあるでしょう。
そんな時には、レフ版を利用をすると、撮影対象が光を反射させたりする事も無く綺麗に商品撮影をする事が出来ます。
外で撮影する場合にも、レフ版を利用する事によって陽の光がレンズの中に当たらないようにひさしとしても使えます。

GY004
レフ板には白レフ、銀レフ、黒レフ、金レフ等があり、それぞれに特徴を持っています。
光を反射させるようなビニールや、液晶画面等の場合は、黒レフ版が良いでしょう。
黒レフ版を置いた側の光を減少させる事が出来ます。
銀レフ版等は、屋外で商品撮影をする時に、強い逆光を防ぐ事が出来ます。
その場の状況等を把握して、それに合わせたレフ板を利用をすれば美しい商品撮影が出来るでしょう。

 

商品撮影

ホームページは更新しなければならない

8月 30th, 2014

なぜみなさんはホームページ制作を業者にお願いするのでしょうか・・・。
やはりホームページ制作は東京で作成したいです。
やっぱりホームページ制作を業者にお願いすることにメリットを存在しているからです。
プロフェッショナルな手に委ねホームページ制作をしてもらうから間違いなくクオリティーの高いホームページ制作が可能です。
スタイリッシュなホームページだってやっぱりプロフェッショナルな力を借りないと実現出来る問題ではありません。
そう、こういういい方も良くありませんが、私達は商売が他力本願で出来ます。
実際に私達の商品経済はもはやインターネットに依存度が非常に高いのです。
今まで難航していた商売も、ホームページによってすいすいと船出が出来るようになるかもしれないですよ。
実際に私達がホームページで注意しなければならない問題は、ホームページの制作は最初に作ればそれでOKと言う訳でもありません。常に追加、修正、更新のモチベーションを持って構えていかなければならないのです。
商売をしている人たちが自分でホームページを制作する人たちもいるようですが、商売している人たちゆえ、なかなかそこまで手も回らないのも現状なのではないでしょうか。
ホームページは更新しなければならないのです!

GY186

デザイン会社ではホームページでの一貫した美の概念は今まで抱いていた私達の観念と違う

3月 1st, 2014

ホームページ制作はいい例、悪い例があります。
私達はまずそこの部分をしっかり見据えてホームページ制作をしていくべきです。
そして、結論はやっぱりホームページ制作はデザイン会社に依頼するべきと知ります。
私達はもっともっとデザイン会社にお金をかけるべきです。
しかし、私達が広告費にお金をかけるよりも断然安い費用です。
だから、出来るだけデザイン会社にお金をかけて完璧に近いホームページ制作をしてください。
今、ホームページは市場でかなり有効的に働いてくれるのです。
そしてどのショップもインターネットでホームページを有効的に利用している訳ですから私達はもはやその世界から残念ながら離脱することも出来なくなっているのです。
これが私達の社会です。
デザイン会社の指摘のホームページ制作はそれほど難しい問題ではありません。
情報がしっかり整理されているホームページをいいデザインと言います。
ターゲットが明確化されているホームページがいいデザインと言うことです。
文字、文章がしっかり整理されていることが、ホームページ上の美しさなのです。
ホームページでの一貫した美の概念は私達の今まで抱いていた観念とはちょっと違うものかもしれません。ページが軽いこともデザインです。

ホームページのデザインを作成するときどのようにメールアドレスを公開するか

1月 25th, 2014

ホームページのデザインを作成したとき、問い合わせ用などにメールアドレスを表記することがあるでしょう。
しかし、そのままメールアドレスをホームページ上に載せてしまうと大量のスパムメールが届くことになってしまいます。
それでは、どのようにメールアドレスを公開すればよいのでしょうか。
ひとつは、メールアドレスを画像化するという方法があります。
これならコンピュータによる自動収集はできません。
しかし、読み違いがおきたり、コピペができないため閲覧者がメールをしにくいというデメリットがあるでしょう。
HTMLに@を使わず表記する方法もあります。
これなら@を見つけて自動収集するタイプのものに対処できます。
HTMLを使えない人は、実際に@を☆などに変え、閲覧者にメールを送るときに変換してもらう方法もあります。
また、ダミーの文字列をメールアドレスにくわえ、閲覧者にその文字列を削除してもらうこともできるでしょう。
公開用アドレスを捨てアドレスにし、メインで使用しているメールアドレスに転送する方法もありますが、スパムメールは届きますし、1,2か月に1度公開用アドレスを変えるのは面倒かもしれません。
CGIが利用できれば、メール送信フォームを用意し、メールアドレスを非公開にできます。
自分で行うのが難しい場合は、ホームページ作成会社に依頼するのもよいでしょう。

デザイン会社のホームページ制作にはたくさん労力をかけるべきだ

1月 9th, 2014

663695236_5e5ca3a336_o-1024x680

デザイン会社といえば、どういったイメージがあるでしょうか。デザイン会社について深く分からないといったような人達には、デザイン会社というものは、センスがいいだとか、かっこいい、また奇抜などといった意見が多いのです。つまりデザイン会社には肯定的なイメージ、その中でも、センスがいいというイメージを多く持っている方が、大多数なのです。では、それらの方々は初めてデザイン会社を知り、調べようとする場合には、どのようなものを使うのかというと、やはりその多くはインターネットでしょう。初めの期待が薄かった場合、ホームページがどれだけ散らかっていても、こんなもんかと思われるだけで済むかも知れませんが、期待されていた場合では、デザイン会社だめだなと思わざるを得ません。そんな事態を避けるためにもやはり、ホームページ制作にはたくさんの労力をかけるべきなのです。一概にホームページ制作といっても、たくさんのカスタマイズがありますが、何に重視して制作すればよいのか。それは見やすさだと思います。高度なところまでいってしまえば、かっこよさや、かわいさ、独特の雰囲気などたくさんやれますが、見やすさを最低条件として置いておかないと、まず少しだけ見ても、見た人は見飽きてしまうと思います。デザイン会社の評判は、ホームページで決まると言っても過言ではありません。つまりホームページ制作を労力をかけてすることによって、会社としてのお客様、口コミもよくなっていくのではないでしょうか。

GY196

ブランディング

あなたのホームページ制作どうしてますか、プロのデザイン会社はレベルが違います

1月 4th, 2014

ホームページ制作は会社やその人のイメージには重大な役割をします。初めてあなた、あなたの会社を知る人には第一印象の顔となる場合も多く。一期一会のことなどのです、今までホームページ制作はどうされていましたか。ご自身で、もしくは自社の担当者が制作されているのなら、一度プロのデザイン会社にまかせてみませんか。あなたのブランドをしっかりと把握した上で、誰の目にも印象を強く刻み付けるデザイン会社だから出来るホームページを作り上げます。その細部のこだわりには信念を持ち、必ず良いうわさ気が付くと閲覧数の数が数日前よりも多くヒットを生み出すようにデザイン構成を考え、あなたや貴社のイメージを大切にした方向性を一緒に考え。これまでのノウハウをしっかり把握した上でのご提案をさせて頂き、納得行くまで充分なサポートをさせて頂きます。他にも、ご自身で思う貴社やあなたのイメージをデザイン会社でもリサーチしご自身の考えているイメージを良い意味で壊すお手伝いをさせていただきます。今までなんとなく、こんなものだと思っていた以上の効果と人々の意識が変わります。これからの貴社、そしてあなたの発展の為にもご自身の顔であるホームページを作りましょう。

デザイン制作